糖尿病なら食事に注意~治療をうまく軌道に載せるあ健康サポート~

医者

体調を健康に維持する

何がだめか

女性

腎臓病であると、人工透析を遅らせるために食事療法が大切であると言われています。また、人工透析を始めてからも身体を健康に維持しなければならないので、この食事療法は継続されます。それでは、腎臓病にかかってしまった際の食事療法はどのようなものであるのでしょうか。これに関しては、まずタンパク質・塩分を少なめにすることが挙げられます。タンパク質は、日本人の主食であるお米や肉や魚に含まれているものであり、だいたいの食べ物に含まれているので、コントロールがとても難しいです。また、全く摂らないというのも身体に悪いので、程よく摂取することが大切ですが、摂取しすぎると腎臓に負担がかかってしまいます。塩分に関しては血圧を上げてしまう可能性があるため、あまり摂取しすぎてはいけません。

カリウム制限に注意

腎臓病が悪化し、機能が低下し始めると、カリウムも制限されることがあります。それでは、腎臓病の人のカリウムを制限した食事というのはどのような点に注意をしておくと良いのでしょうか。これに関しては、タンパク質を含んでいる食べ物の多くにカリウムが含まれていることが多いです。そのため、タンパク質を制限すると自然にカリウムの制限が出来ることが多いです。ですが、カリウムは海藻類に多く含まれているのでこちらの点に注意が必要です。食事の際のカリウムを減らすための方法としては、カリウムは水に溶けやすい物質です。そのため、野菜などに含まれているカリウムは茹でたり、水にさらしたりすることでカリウムの量を減らすことが出来ます。