糖尿病なら食事に注意~治療をうまく軌道に載せるあ健康サポート~

医者

食生活の大切さ

悩み

内臓脂肪型肥満は高血圧や高血糖を引き起こし、それが原因で動脈硬化などの深刻な病気につながってしまうことも少なくありません。食事療法や適度な有酸素運動を行い、日頃から体の健康維持に気を配ることが大切です。

Read More...

高血糖を改善するには

日本人の多くが発症している、糖尿病は食事で症状を改善できます!食事療法のプロが手がけた料理で、美味しく治療をしませんか?

食べ方が大切です

女性

糖尿病を患っている人は約950万人と推計され、40歳以上の8人に1人が糖尿病といわれています。糖尿病になる恐れのある予備軍が約1100万人されています。糖尿病を完治する方法は見つかっておらす糖尿病の目的は合併症の予防となります。この治療に最も効果的なのが食事療法なのです。糖尿病の大半を占める2型糖尿病では食事療法だけで7割以上が病状を改善することができるといわれています。食事療法は量、質、バランスがポイントとなります。量は指示されたカロリーを守ること、質は三大栄養素、食物繊維、ビタミンミネラルといった栄養配分を考えること、バランスは栄養バランスとともに1日3食バランスよく食べることです。同じカロリーでも1食だけに集中すると血糖の変動が大きくなり、空腹感の時間が長くなると食後の血糖が急に上昇することが分かっています。1日3回規則正しく食事をすることが大切なのです。

制限を続けるための工夫

今まで食べすぎの傾向にあった糖尿病の人はカロリー制限のある食事を物足りなく感じてしまう場合は少なくありません。食事療法を始めたばかりの頃は空腹感との戦いになります。しかしこの空腹感はいつまでも続かず短い人なら2週間、長い人でも2から3ヵ月すれば強い空腹感を感じなくなります。満腹感が得られやすい調理の工夫としては、主食を雑炊やおかゆにしたり、海草やキノコ類やこんにゃくなどカロリーを気にしなくてよい食品を多く取り入れてかさを増やすことです。またこんにゃくなどは食物繊維を多く含み血糖の急な上昇を抑えてくれます。食品を柔らかくしすぎずに歯ごたえを残す調理によって噛む回数を増やし、満腹中枢を刺激して満足感を得るようにします。骨付きや殻付のまま調理したり、皿数を増やして見た目でボリューム感を出すなどの工夫してみましょう。

体調を健康に維持する

女性

腎臓病になってしまった際、特に透析前、透析中はタンパク質や塩分を控えた食事を意識することが大切です。また、場合によってはカリウムの制限がかかることもあります。これに関しては茹でるなどと言った水に触れさせることで減らすことが出来ます。

Read More...

腎臓と腎臓病の食事

悩み

腎臓は体内で重要な役目を果たしていますが、腎機能が低下すると身体に必要な栄養が体外に流出し、老廃物が体内に残ってしまいます。このため、腎臓病の患者さんは治療の一環として腎臓病食を摂る必要がありますが、自分で作るのは手間がかかるため、今では腎臓病食を宅配してくれるところがあります。

Read More...